メインイメージ画像

不動産の物件を選ぶ方法

将来不動産投資の中のマンション経営を始めてみようと検討中の人にとっては、気になる事は新築物件か中古にするかどっちを選ぶのが上手な方法なのかですよね。双方にメリットデメリットがあり、そのポイントを詳細に知った上で自分のやり方にマッチするものを選ぶといいでしょう。新築は入居率が高い傾向にありますが、物件価格が高いので利益は下がります。中古物件は反対に、利回りは高いですがメンテナンスなどのそのための経費がかさみがちです。ここ数年で、不動産投資で海外物件に投資するケースが増えてきています。

そのメリットとして、一般の投資でもよく言われる節税や、円高傾向の今、資産を取得しておいて、いずれ円安に変わった時の為替差益などが期待されます。海外の中でも、成長の著しい新興国で不動産を購入し、近い将来価格が高騰することを予測している投資家も多く存在しています。どこに投資する場合も、国内とはビジネス取引や法規制などが大変異なりますから、事前に現地の情報調達をした上で海外投資をすることにしましょう。不動産投資のセミナーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

イメージ画像

現代ではインターネットや不動産会社で様々な情報を知ることができますが、不動産投資をやってみたい人は、何が正しいのか、判断できないのが通常でしょう。だから、はじめから本格的に投資を始めるのではなく、金融経済の知識や最新の業界の動向などを仕入れることが最初のステップです。セミナーで講演を聞けば、そういった情報を理解する助けになり、同じ目的のある人との接点ができますので、ベース作りとしてはピッタリな機会となるでしょう。不動産投資をするには、自己資金の用意はいくら必要でしょう。

当然、自己資金が沢山あれば良いですが、金融機関からの借入を使う人が一般的なのが真実です。目安として、物件の額の半分弱を自己資金で負担できれば、将来の借入返済の時にメンタル面でも苦しまずに済みます。自己資金がそれより少ない場合、返済が少し苦しくなってくるかもしれません。何円必要か、という絶対額で考えず、将来の収入と支出の収支を考慮し、経済的に生活をに差し障りが無いくらいの投資金額に留めるのが賢明な判断です。

更新情報